中国 rss

中国 北京五輪後、ゼロコロナ崩壊 感染拡大で自治体トップ処分

香港、1日の死亡率が世界最悪に  北京冬季五輪、パラリンピックが閉幕したばかりの中国で新型コロナウイルスの感染者が急増し、「ゼロコロナ」政策を続ける習近平政権は感染拡大を完全には抑え込めずに深刻化している。東北部の吉林省…

続き

ウクライナ侵攻と台湾 米、迅速に訪問団派遣

日米台の協力で中国侵攻抑止を ロシアがウクライナに軍事侵攻した光景は、台湾の人々にも「今そこにある危機」が確かに存在することを再認識させた。時を同じくしてネット上で飛び交い始めたのが「今日のウクライナは明日の台湾」という…

続き

24日、ウクライナ東部ハリコフ近郊の軍用飛行場から上がる黒い煙(AFP時事)

ウクライナ侵攻 台湾海峡にどう影響 ―武居智久・元海上幕僚長が分析

中国の想定狂わす 欧州の軍拡 アジアに波及  ロシアのウクライナ侵攻は国際秩序を大きく揺さぶっているが、台湾統一を目指す中国の戦略にも影響を及ぼすことは間違いない。武居智久・元海上幕僚長は、笹川平和財団が2月28日に開い…

続き

中国・北京五輪 マスコットの人気と影

帰化選手が人気、商戦に熱 違法コピー取り締まり、一罰百戒 パンダをモチーフにした北京冬季五輪の公式マスコット「氷●(=土へんに敦)●(=土へんに敦)(ビンドゥンドゥン)」や米国出身のフリースタイルスキー女子で金、銀メダル…

続き

国会議事堂

玉虫色の対中非難決議 二股外交では信頼喪失

《 記 者 の 視 点 》  2月1日、衆議院で対中非難決議が採択された。これは中国のウイグル人などに対する人権侵害を非難する決議のはずだった。しかし、その内容たるや「中国」と名指しせず、「非難」の文字も消えた。さらに「…

続き

産経連載が示す香港の実態は自由社会に警告発する「炭鉱のカナリア」

言語を奪う同化政策  産経14日付1面連載「香港改造」第3回は、香港の子供たちに中国式教育を押し付けている実態をルポした。  同連載では、香港国家安全維持法(国安法)施行以後の香港教育現場の急速な変化を詳細に描いている。…

続き

中国の海洋戦略に警鐘 元護衛艦隊司令官 金田秀昭氏

 日米台関係研究所の金田秀昭理事(元護衛艦隊司令官)は22日、都内で開かれた「日本李登輝友の会」主催の講演会で、インド洋を中心に中国の軍事的海洋戦略である「真珠の首飾り」が構築されつつあると警鐘を鳴らした。  パキスタン…

続き

中国「家庭教育促進法」の矛盾 学習塾禁止で流行る闇塾

「ゲームはアヘン」業界苦境に 中国では、子供の生活習慣の是正を求める「家庭教育促進法」が昨年10月、全国人民代表大会(全人代=国会に相当)常務委で可決され、1月1日、施行された。受験戦争を助長する営利目的の学習塾が禁止さ…

続き

黙ったままでは中共の檻に 河添恵子氏が講演

 沖縄県で現在、新型コロナウイルス感染が爆発的に増えている。中国に詳しいノンフィクション作家の河添恵子氏はこのほど、沖縄で講演し、コロナ禍と中国の覇権主義強化とは無関係でないと指摘。また、沖縄にも中国の工作が進んでおり、…

続き

情報戦の一端を生々しく伝えるも日本に矛先向ける残念な毎日の連載

間近に迫る台湾有事  2022年の日本を取り巻く内外の10大リスクのトップは「『終身独裁』習近平が台湾侵攻」、2番目は「中国不動産バブル崩壊で世界不況」。年末の経済雑誌にそうあると、元日付の本欄で教えられた。共産中国が今…

続き

香港立法会選挙を「茶番」と厳しく糾弾するも本気度が欠落した朝毎

「一国二制度」が終焉  香港の議会に当たる立法会の選挙が19日、投開票された。民主派を締め出した上での選挙の結果は、親中派一色に染まった議席独占だった。  香港立法会はこれから、中国共産党のスタンプ機関でしかない全国人民…

続き

中国への外交ボイコットより民主主義サミットに矛先向くサンモニ

非難決議語る玉木氏  中国で北京冬季五輪が来年2月4日に開幕するのを前に、人権侵害を理由に閣僚などを派遣しない「外交ボイコット」の動きが相次いだ。6日の米国の発表に続いてオーストラリア、ニュージーランド、イギリス、カナダ…

続き

若者無関心の香港立法会選

「3人に1人が棄権」世論調査 親中派独占でも民心掌握困難 香港では19日、立法会(議会・定数90)選挙が投開票される。立候補者153人の約9割が親中派で占められた中国式の管理選挙に一変し、民主化を切望してきた有権者は反発…

続き

北京五輪のボイコットを求める参加者ら= 12日、東京都中央区(村松澄恵撮影)

「中国は五輪開催の資格なし」 東京でデモ行進

 北京五輪のボイコットを求めるデモが12日、東京都内で行われた。北京五輪ボイコット推進集会・デモ実行委員会と保守合同連絡協議会の共催。デモには100人以上が参加し、日比谷公園(千代田区)から銀座駅付近(中央区)まで約1時…

続き

北京冬季五輪「外交的ボイコット」を「大国の争い」にすり替える朝日

世界平和脅かす中国  「中国の民主」と題する白書を中国が発表した。米国が開催した民主主義サミットに対抗して、「中国には独自の民主がある」とする大々的な宣伝キャンペーンを始めた。 毎日ネット版9日付で外交評論家の宮家邦彦氏…

続き

銃で2万人死ぬ米国より人権でも中国が「優勢」と強弁した凌星光氏

過激な発言で“炎上”  日中関係を専門とする福井県立大学名誉教授の凌星光氏といえば、これまで何度か、テレビで過激な発言を行い“炎上”している学者だ。  例えば今年4月、BSフジの時事討論番組「プライムニュース」で、次のよ…

続き

【社説】ICPO 恣意的な制度運用を許すな

 国際刑事警察機構(ICPO)が、13人で構成する執行委員会のメンバーに中国の胡彬郴・公安省副局長を選出した。  ICPOは逃亡犯罪人の国際手配書を発行している。中国代表の執行部入りで海外亡命中の反体制派らの摘発が強化さ…

続き

不動産デフォルトなど中国が抱える3大危機を特集するエコノミスト

世界経済にも悪影響  今や米国と並ぶ覇権国家を狙う中国だが、ここにきて外国からの厳しい攻勢を受けている。香港での露骨な民主派抑圧から始まり、新疆ウイグル自治区におけるウイグル族への人権抑圧などで西側諸国からの糾弾にさらさ…

続き

ソロモン諸島暴動の底流

中国、南太平洋の覇権構築へ 軍港を視野にツラギ島租借  中国の一帯一路構想はユーラシア大陸を陸路と海路で東西を結ぶだけでなく、一本の短刀のように南太平洋にも突き出ている。その戦略的狙いは米豪の分断にあり、太平洋での覇権構…

続き

「『一つの声』だけでは不健全」と中国の言論統制強化を批判した東京

ネット空間も規制へ  中国政府は10月下旬、SNSなどインターネットサービス事業者がニュースを転載してもいいメディアの最新リストを公表した。中国共産党の機関紙「人民日報」や国営の「新華社通信」をはじめ、党や政府系のメディ…

続き

「中国への全面協力」伝えた林外相を応援する朝日、疑問を呈する産経

“筋金入り”の親中派  「無用な誤解」とは役に立たない間違った理解や解釈をいう。林芳正氏は第2次岸田文雄内閣で外務大臣に就任した際、「無用な誤解を避けるため」に日中友好議員連盟の会長職を辞任した。林氏にとって「無用な誤解…

続き

彭帥さん安否など外相に強い対中人権外交求めた「日曜報道」橋下氏

国内を問うサンモニ  中国のウイグル族強制収容、香港民主派への政治・言論弾圧などに対する人権外交が注目されている。岸田文雄首相は中国を念頭に人権問題担当首相補佐官を新設した。  ただ日本に人権外交は不慣れだ。敗戦後、戦勝…

続き

告発後消息不明の彭帥さん、イベントに参加か

【社説】彭帥選手問題 中国の幕引き許さぬ追及を

 中国の著名女子プロテニス選手、彭帥さんが、元共産党最高指導部メンバーに望まない性的関係を強要されたと告発した後、当局の監視下に置かれているとみられる問題では、都合の悪い言論を徹底的に弾圧しようとする共産党政権の体質が浮…

続き