Sunday世界日報 rss

サントペテルブルクに立つピョートル大帝

【Sunday】ロシアよ、どこへ行く

2022年6月26日(日) ロシアよ、どこへ行く  ロシアのウクライナ侵攻に対して、「プーチン大統領は、帝政ロシアの復活を試みているのではないか」と指摘する声が識者の間で早くから交わされていた。  民主主義に対する挑戦と…

続き

政府・与党連絡会議で発言する岸田文雄首相(左から2人目) =8日午後、首相官邸

《Sunday》【参院選2022】岸田”長期政権”を占う

2022年6月19日(日) 【参院選2022】岸田”長期政権”を占う  参院選挙(6月22日公示、7月10日投開票予定)が、3年ぶりに行われる。改選議席数は、124議席(選挙区74、比例代表50)…

続き

自分たちで採取した一般販売用のハチミツをPRするメンバーたち=5月26日午後、千葉県市川市の千葉商科大学(石井孝秀撮影)

《Sunday》大学養蜂で自然との共生目指す

2022年6月12日(日) 大学養蜂で自然との共生目指す  大都市でミツバチを育てる「都市養蜂」に注目が集まっており、大学でも養蜂事業を行うところが出てきている。SDGsなど持続可能な社会への大学の貢献」をテーマに掲げる…

続き

マンション火災で行われる消防活動=加藤孝一氏提供

《Sunday》炎や災害と闘う消防官

2022年6月5日(日) 炎や災害と闘う消防官  火災や災害の発生時に、現場に駆け付けて救命活動や消火活動を行うのが消防官だ。毎年のように深刻な災害が国内外で続いており、人々の防災意識が高まっているものの、災害と闘う消防…

続き

平成30年4月13日、大邱で開催された追慕祭。中央はオジェヒ元駐日大使(提供:水崎林太郎顕正会)

《Sunday》韓国・大邱の荒野を美田に変えた日本人

2022年5月29日(日) 韓国・大邱の荒野を美田に変えた日本人  日本統治下の朝鮮(現韓国)の大邱に開拓民として渡り、水不足に悩む地元住民のために、朝鮮総督府と交渉。十数億円の資金を調達し、荒野を美田に変えた日本人水崎…

続き

「多様な性」を掲載した高校の『家庭総合』(開隆堂出版)

《Sunday》冷静に考えよう!「パートナーシップ」/首都に「同性婚」運動

2022年5月22日(日) 冷静に考えよう!「パートナーシップ」/首都に「同性婚」運動  東京都の小池百合子知事は、6月の都議会定例会に、LGBT(性的少数者)カップルを「公認」するパートナーシップ導入に向けた人権尊重条…

続き

2003年8月に開業した沖縄市モノレール(ゆいレール)

《Sunday》沖縄 祖国復帰から50年/観光”柱”に経済発展

2022年5月15日(日) 沖縄 祖国復帰から50年/観光”柱”に経済発展  沖縄県は15日、1972年の本土復帰から50年の節目を迎える。沖縄は戦後、米軍統治下に置かれ、27年の間、本土と切り離…

続き

防音用にペーパータオルで覆ったけん玉=吉本秀一さん提供

《Sunday》健康けん玉で三世代仲良く

2022年5月1・8日(日)合併号 健康けん玉で三世代仲良く   日本は、世界の長寿大国として知られるが、単に平均寿命を延ばすだけでなく、いかに健康的に生活できる「健康寿命」を延ばすかに現在、注目が集まっている。  しか…

続き

日本財団が母乳バンクを開設、4月から提供開始

《Sunday》母乳寄付で救える命

2022年4月24日(日) 母乳寄付で救える命  「私の子供は予定日より2カ月以上早く、体重が約1000グラムの低出産胎児としてうまれました」  こう話すのは昨年12月に帝王切開での出産を経験した池田望実さん。出産後すぐ…

続き

ロシア軍を支持するスローガンと共にスクリーンに表示された「Z」のシンボル=3月25日、サンクトペテルブルク(AFP時事)

停戦までの道筋 見えず

2022年4月17日(日) 停戦までの道筋 見えず  ウクライナの首都キーウ(キエフ)制圧に失敗したロシア軍は分散していた戦力を結集し、東部制圧への動きを加速している。  ロシア軍の戦争犯罪が明らかになり、ウクライナ側も…

続き

北朝鮮の軍事パレードで披露された大陸間弾道ミサイル(ICBM)=2020年10月、平壌(AFP時事)

《Sunday》韓国はどう変わるのか

2022年4月10日(日) 韓国はどう変わるのか  3月9日の韓国大統領選で保守系最大与党「国民の力」の尹錫悦氏(61)が当選した。5月10日の大統領就任式に向けた準備が着々と進められている。  5年ぶりの政権応対で韓国…

続き

良寛生誕の地・出雲崎町の橘屋跡地の良寛像。向かいの海に佐渡島が見える

《Sunday》対談「良寛の愛と人生を語る」 人間の理想を体現

2022年4月3日(日) 対談「良寛の愛と人生を語る」 人間の理想を体現  今から250年以上前に新潟県出雲崎に誕生した良寛は今日なお多くの人々から愛されている。良寛の遺徳を顕彰する団体および個人で組織する良寛会は全国に…

続き

尖閣警備を指揮する最新ヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」=沖縄県石垣市

《Sunday》ウクライナ侵攻は台湾と沖縄の危機

2022年3月27日(日) ウクライナ侵攻は台湾と沖縄の危機  ロシアによるウクライナ侵攻は、中国による台湾有事と重なって映る、ウクライナ侵攻があった2月24日、中国の・駐大阪総領事が会員制交流サイトのツイッターに「弱者…

続き

福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)にある水素を貯蔵しているガスホルダー 福島県浪江町、2021年6月15日、森啓造撮影

《Sunday》脱炭素で見直される原発

2022年3月20日(日) 脱炭素で見直される原発  東日本大震災による東京電力福島第一原発事故から11年。この間、再稼働した原子力発電はわずか10基。脱炭素化の動きが活発化する中、欧米では運転時に温室効果ガスを排出しな…

続き

「ロケーションジャパン大賞」授賞式に出席した受賞者=2月17日。東京都(石井孝秀撮影)

《Sunday》ウィズコロナの新たな観光

2022年3月13日(日) ウィズコロナの新たな観光  今年1月の訪日外国人数(推計値)が発表された。感染各拡大前の2019年1月比で99.3%減の1万7800人で、未だコロナ禍の影響が続いている。一方で、水際対策が3月…

続き

24日、爆撃を受けたウクライナ東部ハリコフ近郊で、損壊した建物の前で座り込む男性(AFP時事)

《Sunday》ロシアがウクライナに侵攻 NATO加盟を阻止

2022年3月6日(日) ロシアがウクライナに侵攻 NATO加盟を阻止  冬季北京五輪大会が閉幕し、その余韻が漂う2月24日、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ国境に展開していたロシア軍を、ウクライナ国内に侵攻させた。…

続き

世界人権デーに北京冬季五輪の抗議デモを行う中国民主党の活動家ら=2021年12月、米カリフォルニア州ハリウッド(AFP時事)

《Sunday》岐路に立つオリンピック

2022年2月27日(日) 岐路に立つオリンピック  第24回冬季五輪北京大会は、17日間の協議日程が終了し20日、北京市の国家体育場(愛称・鳥の巣)で閉会式が行われた。IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ…

続き

ロシア地対艦ミサイル「バスチオン」=2021年5月17日、 アレクサンドラ島(AFP時事)

《Sunday》「北方領土の日」返還への強い意志 継続

2022年2月20日(日) 「北方領土の日」返還への強い意志 継続  わが国固有の領土である択捉島、国後島、歯舞群島、色丹島の北方四島が旧ソ連によって不法占拠され、今なお、その状態が続いている。北方領土問題への理解と関心…

続き

米首都ワシントン中心部の「ユニオン駅」前に張られたホームレスらのテント=16日(時事)

《Sunday》左傾化で分断広がる

2022年2月13日(日) 左傾化で分断広がる バイデン米政権の発足から1年。  「米国は戻ってきた」をスローガンに掲げ、同盟関係や国際協調の修復に力を傾け、対中国を念頭にした日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」の強化など…

続き

《Sunday》防災に万全の準備を

2022年2月6日(日) 防災に万全の準備を  南太平洋の島国トンガの海底火山が噴火し、日本の気象庁は先月15日深夜、広範囲に津波注意報を発令した。鹿児島県の奄美群島・トカラ列島や岩手県には2016年11月以来となる警報…

続き

「ハローフラワープロジェクト」について話し合う笹崎宣貴さん(中央)と住田有希さん(右)羽鳥秀一さん(左)

《Sunday》町に花を植えて子供を見守る

2022年1月30日(日) 町に花を植えて子供を見守る  昨年12月、ポートメッセなごやの第3展示館(愛知県)をメイン会場に開催された「中日本青年希望前進大会」はオンラインなどを通じ、約13万人(主催者発表)が参加・視聴…

続き

1月1日、台北の台湾総統府で元旦の談話を発表する蔡英文総統(台湾総統府提供)

《Sunday》風雲急を告げる台湾海峡

2022年1月23日(日) 風雲急を告げる台湾海峡  憲法施行から75年となる2022年、独自の改憲案を持つ自民党。日本維新の会、国民民主党の3党は、憲法改正にどう挑むのか。  台湾海峡が風雲急を告げている。軍事的、経済…

続き

左から自民党・古屋圭司氏、国民民主党幹事長・榛葉賀津也氏、日本維新の会共同代表・馬場伸幸氏

《Sunday》施行から75年 憲法改正にどう挑む

2022年1月16日(日) 施行から75年 憲法改正にどう挑む  憲法施行から75年となる2022年、独自の改憲案を持つ自民党。日本維新の会、国民民主党の3党は、憲法改正にどう挑むのか。  昨年の衆院選で、改憲に消極的・…

続き